​他の小児矯正法と何が違うの?

​プレート矯正・床矯正(しょうきょうせい)との比較

小児の矯正治療法において、顎を広げる方法としては、顎顔面矯正以外にプレート矯正(床矯正)というものもあります。この方法は多くの歯科医院で行われています。プレート矯正もお口の中にネジ付きの装置を取り付けますが、取り外しが可能な装置なので、十分に力が伝わらずにあごを骨格から広げることは難しいと考えられております。その結果、プレート矯正後に結果的に抜歯が必要になる可能性が高くなります。また、取り外しができるということで、違和感があるため治療途中にお子様自身が自分で外してしまうことも多いようです。顎顔面矯正は、ほとんどのお子様に対応する方法で、さらに固定式のため自分自身で取り外しができず、治療が確実に進み、装置が薄いので違和感が少ないというメリットもあります。

NEXT ⇒

​いつまでかかるの?

© 歯科あべクリニック

​326-0831 栃木県足利市堀込町2023-3

Tel: 0284-64-8241

  • Facebook
  • Twitter