顎顔面矯正による早期治療のメリット

歯を抜かずに、小さいあごを治す。

小児期における歯並び治療は、歯の生え変わりや、あごの骨の成長を有効利用する事のできる時期です。この時期に適切に歯並び治療を始めることにより、得られるメリットは本当にたくさんあります。

顎顔面矯正治療は、歯並びだけではなく、かみ合わせまでを考慮した治療法です。歯並びをきれいにするだけでなく、あごの正しい発達がみられることで、出っ歯や受け口など上下のあごの位置関係の異常を正常に改善します。また、成長期の子どもに上下のかみ合わせの悪さが見られる場合、上あごの成長不足が挙げられます。成人ではあごの成長は完了してますので、あごの骨を広げることができず、歯が並ぶスペースを確保するため、仕方なく歯を抜き、ワイヤーで歯を並べます。また場合によっては外科手術を伴うこともあります。しかし、成長期にあるお子様では顎顔面矯正によって、そのリスクを最小限に抑えることが可能になります。

haieki1.jpg

​こんなにある!早期治療のメリット

① 歯を抜かずに歯並びがキレイになる

固定式装置を使用し、あごを広げて成長を促すことで、永久歯のはえるスペースを確保し歯を抜く可能性を減らすことができます。成人矯正治療では歯が並ぶスペースが不足しているため、永久歯を抜歯しスペース確保する場合が多く、小児期から矯正治療を行う事により歯を抜かずに治る可能性が高くなります。

② 永久歯を初めから理想的な位置に生えさせる

乳歯が抜けるタイミングや乳歯の形を整えたりする事により、悪い方向に生える可能性のある永久歯を初めから良い位置に生えさせて、きちんと物を噛むことができるようになるので、良いかみ合わせにすることができます。

③ あごの前後的なズレ(出っ歯、受け口)を補正する

あごの位置にゆがみ(出っ歯や受け口)があり、かみ合わせが悪くなっている場合、放置する事でそのズレの程度が大きくなることがあります。小児期では、かみ合わせを治すことによりズレたあごの位置を補正しやすく、さらに骨の成長の余力が残っている段階で改善してあげる事により、顎の正常な成長を促進し、安定させます。

④ 後戻りしづらくなる

矯正治療完了後に装置をはずすと、歯は元のガタガタの状態に戻ろうとします。それを「後戻り(あともどり)」と呼びます。成人矯正ではこの後戻りを防ぐため、あらゆる方法で歯を固定します。小児期に矯正治療を行いその後骨格の成長が終わることで、歯が良い位置に安定し、顎の成長をバランスよく保つ事により、後戻りを最小限に抑えることができます。

⑤ 生えたままのきれいな歯の形を維持できる

歯並びの悪いまま永久歯が生えてしまうとその状態で食事や歯ぎしりをすることで、予期せぬところで歯と歯がぶつかり、変な形に歯がすり減ってしまいます。これを「咬耗(こうもう)」と呼びます。早期に歯並びを治すことで、生え変わりの時期の悪いかみ合わせを原因とする極端な歯のすり減りや、あごへの負担を減少させます。

​NEXT ⇒

​治すのは歯並びだけではない

© 歯科あべクリニック

​326-0831 栃木県足利市堀込町2023-3

Tel: 0284-64-8241

  • Facebook
  • Twitter