​使用する装置と使い方

​「急速拡大装置」(きゅうそくかくだいそうち)

顎顔面矯正では「急速拡大装置」という特殊な装置を使い、歯だけでなくあご全体を理想的な大きさに矯正します。あごの骨が広がれば、永久歯は本来の正しい位置へ並び、おのずときれいな歯並びになります。特に、永久歯への生え換わりの時期にあるお子様には、成長という余力を使うことができるので、顎顔面治療は非常に効果的な治療法といえます。

「急速拡大装置」は固定式の装置で中央部に組み込まれているネジを1日1回まわします。そうすることで、徐々にあごの骨格が広がり、やがて正常な大きさとなります。その結果として、歯並び・かみ合わせが改善していきます。

​使い方は簡単。ご自宅で1日1回ネジ回しをするだけ

Step ①​

​歯医者さんでお口の中に装置を固定します。

Step ②​

専用器具(拡大用の棒)を使ってネジ穴に差し込みます。

Step ③​

手前から奥にむかって器具を動かします。

Step ④​

.奥までまわしたら器具を抜きます。一回のネジ回しで約0.2ミリ拡大されます。

​NEXT ⇒

治療にはいくらかかるの?

© 歯科あべクリニック

​326-0831 栃木県足利市堀込町2023-3

Tel: 0284-64-8241

  • Facebook
  • Twitter