​「顎顔面矯正」をご存知ですか?

ワイヤー矯正とは異なる矯正治療法です

ガタガタなど歯並びが悪くなる原因は、歯自体に問題があるのではなく、歯を並べる器(あごの骨)が小さいことが起因して生じています。顎顔面矯正は、その歯が並ぶための器を大きくする治療法です。一般的な矯正治療は、見た目の歯並びをきれいにすることを目的として、金属のワイヤー等で歯を動かしていきますが、顎顔面矯正は上あご、下あご共にお子様の顔の発育のバランスを良くするため行います。きれいな歯並びの見た目が改善されるのはもちろんのことですが、健康な身体にするために行うものです。そういった意味合いから一般的な矯正治療法とは全くの別物となります。
上あごが発育不全(成長不足)になると、口で呼吸しやすくなりますが、顎顔面矯正を受けることで鼻呼吸へと改善し、あらゆる健康面でのメリットが生まれます。また、早期に顎顔面矯正を受けることで、ワイヤー矯正に移行する可能性が低くなります。

haieki.jpg

​顎顔面矯正の3つの特徴

①あごの成長を促進させることで、歯を抜かずにきれいな歯並び・理想的な骨格にすることができる
②上下のあごの位置関係を良好にすることができる(出っ歯、受け口などの改善)
③お口ポカンの口呼吸を、本来の鼻呼吸に改善することが期待できる(鼻づまりやいびきの軽減も期待できる)

© 歯科あべクリニック

​326-0831 栃木県足利市堀込町2023-3

Tel: 0284-64-8241

  • Facebook
  • Twitter